So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

週刊少年ジャンプ21-22号感想 [WJ感想]


GWは9連休@常磐です。


実家でも絵を描くために筆圧感知タブレットPCの購入を検討中。
始めはSurfaceにしようかと思ってたけど、ネタ絵とか落描き程度なら
あまり高スペックにする必要なさそうなんだよなあ・・・でも今後自宅でも
気軽に使えそうなら多少はいいの買った方がいい気もするし・・・どうしよ。

それはそうとP3Dでついにメイド服キタロー公式化ですよ。
もともとは某所のゲーム本スレに毎日影時間(午前0時)になると
定期的にコピペされていたAAが元ネタで、

8901037.jpg

こんなコラ作って遊んでた程度にはおなじみの衣装だったりするんですが
まさかそれが本家で実現することになろうとは・・・どうしてこうなった。


まあお祭りゲーだから何でもあり、今週のジャンプ感想です。



続きを読む


nice!(0)  コメント(2) 

週刊少年ジャンプ20号感想 [WJ感想]


また頭痛い@常盤です。


ゴールデンカムイの1話見ました。
全く予備知識なしだったので始めは戦争モノなのかと思いましたが
北海道でヒグマと戦って宝の地図がアイヌの財宝が・・・ってこれ主題どこ?
今後はアイヌの少女と一緒に宝探しがメインになるってことでいいのかな。

P5アニメは予想通り竜司覚醒まで。この分だと鴨志田編は5話くらいか。
鴨志田一人に時間取りすぎという感想もあるようですが、ぶっちゃけこの
作品、鴨志田と中盤の大博打と実質ラスボス戦さえきっちりやっておけば
大体ストーリーは把握できるのでそこは少し勘弁してほしい。

まあ他のエピソードも仲間集めとか終盤への伏線とかちらほらあるから
なくなっていいわけじゃないけど。怪盗モノとして華麗にオタカラを
盗みだすというのはやらなきゃいけないテーマだしね。

それはともかく、2話感想らくがき。


0417.jpg


今日も軽めに、今週のジャンプ感想です。




続きを読む


nice!(0)  コメント(4) 

週刊少年ジャンプ19号感想 [WJ感想]


くしゃみ鼻水花粉症@常磐です。


ようやく花粉も落ち着いてきたのに今日になってやたらとくしゃみが出るなあと
思ったらどうやら風邪だったらしい。まあまだ微熱なので薬飲んでさっさと治します。


ところでついにP5アニメ始まりましたね。

第一話は主人公覚醒までみせるためにめちゃくちゃ駆け足でしたが、
(ゲームではそこに行くまで軽く2時間はかかる、主に渋谷駅で)
この時点で必要な情報はすべて呈示してくれた上にきちんと見せ場まで
持って行ってくれたので満足しています。期待通りの1話でした。

てかもう「ペルソナ」の名を冠するアニメもこれで5作目だもんなあ。
作る側も見る側もどの程度までなら許容できるかがわかっているから
安心して見られるのはいいですね。・・・さじ加減間違えたGの例もあるけど。

さて2話はモナの登場から竜司覚醒、コープ成立までくらいかなあ。
長丁場のゲームだから普通にやったら2クールあっても足りないわけで
だから駆け足になるのは仕方ないとはわかっているのですが。

この最初の事件には彼らが「怪盗団」となる理由や動機、事情や激情が
すべて詰まっているといっても過言ではない
ので、これだけはあまり端折らずに
やってもらいたいですね。前作まで巻き込まれ型と違って、彼らは自ら事件を起こす側
でもあるのだから。ここをきちんとしないとただの愉快犯と思われてしまう。


長々と関係のない感想すみません、今週のジャンプ感想です。



続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

週刊少年ジャンプ18号感想 [WJ感想]


ンボロコロコ@常磐です。


「リメンバー・ミー」見てきました。
ピクサー作品だから必ず一定以上のレベルは確保されてるはずだし、
アナ雪の番外編は普通に面白そうだし・・・程度の気持ちで行きましたが、
予想以上にいい作品でした。今年見た中では一番感動したかなこれ。

良かったところの殆どがネタバレ部分なので書くのは控えますが、
それ以外ではメキシコの街の描写が素晴らしいと思いました。
いやメキシコの風景とか見たことないけど、昼のごちゃごちゃした雰囲気や
死者の日の夜の幻想的な灯りがとてもリアルだなあと感じたし。

映画といえばそういえば斉木実写版の円盤はもう発売されてるんだっけ・・・と思って
調べてみたら5月発売とのこと。思ってたより原作の再現度結構高かったし、
何気にいろいろ辛かった時期を癒してくれた作品なので出たら買うつもり。


斉木楠雄のΨ難 [DVD]

斉木楠雄のΨ難 [DVD]

  • 出版社/メーカー: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • メディア: DVD


予想してたより安かった、今週のジャンプ感想です。




続きを読む


nice!(0)  コメント(2) 

週刊少年ジャンプ17号感想 [WJ感想]


さよなら三月@常磐です。


「続刀剣乱舞-花丸-」終わりましたね。

前作同様、いっそ退屈なくらい平和な世界で、原作にある少しばかりのストーリーを
既視感のある内容で丁寧に映像化し、意外性はないが安定感のある内容で・・・
うーん、自分でも褒めたいんだかけなしたいんだかよくわからない。

ただこれだけは言えるのが、こういうのが「キャラの多いゲーム原作アニメ」の
正しい姿(の一つ)
ということか。原作のエピソードは一言一句まで忠実に、
キャラの性格は二次創作で作られている最大公約数から無難なものをチョイスして
全てのキャラに何らかの形で出番を作り、顔だけは作画を死守し、毎週歌を変える。

てかよく考えなくても毎週OPED曲が違うってすごい話だよな。
OPはベースとなる曲は同じでもコーラス部分で毎回キャラ変えてるし、
EDは前作と同じく毎回違う曲に違うキャラ、映像は静止画だが描きおろし。

この作品のファンが何を求めているか、どうしたら金を落としてくれるか
きちんと理解し計算して作られたアニメであり、ファンもその期待に応えて
喜んで搾取される気満々の様相を呈している、まさにwin-winの関係というやつか。

まあ私個人としては映像の円盤を買うほどではないけれど、
CDとグッズは買おうかなと思う程度には投資していいと思った作品でしたし。
久しぶりに需要と供給がマッチングした市場を見た気がしました。


もう今年も1/4が過ぎたのか・・・今週のジャンプ感想です。



続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

週刊少年ジャンプ16号感想 [WJ感想]


ムヒョロジアニメ化ですってさ@常盤です。


まさかというか、ついにというか、何故今更というか・・・。

当時は今よりアニメ化のハードルが高かったせいか、それとも別の理由があったのか、
結構続いた(3年強)にもかかわらず結局アニメ化しないまま終わってしまったのは
残念でしたが、まあ終盤は内容的にも掲載順的にも低迷してたから仕方ないか。

個人的には序盤のムヒョメインで魔法律事務所をやっている辺りは好きでしたが
中盤以降のロージーがメインになってきたころからはイマイチだった印象。
あ、でもパンジャとか魔鹿目キュラとか好きだったなあ。主に見た目が。


ところでもうあと少しでP5アニメスタートですね。
今まで4も3も作ってきたところだからそう原作と外れることはないと信頼して
いますが、交渉とかカツアゲとかギロチンとか電気椅子とか際どいネタをどこまで
やってくれるのかは純粋に気になるところ。まあ交渉は確実にあるだろうけど。

ちなみに某アンソロで描いたP5あるあるネタ


0319.jpg


これやってくれたら円盤全部買います、今週のジャンプ感想です。



続きを読む


nice!(0)  コメント(2) 

週刊少年ジャンプ15号感想 [WJ感想]


お菓子が好き好きスガシカオ@常盤です。


ブギーポップ再アニメ化だそうですねやったー!

以前アニメ化したときは雰囲気と主題歌だけは良かったんだけど、
全編(最終話除く)セピア調で見にくいわ雰囲気アニメすぎて意味不明だわで
結局1回見ただけだった…始まる前はあんなに楽しみにしてたのに。

てかあの頃ってやたらと「原作のある作品のオリジナルアニメ」というのが
流行っていた気がしますね。ペルソナの最初のアニメ化もそれでしたし。
確かに原作をそのままアニメ化すると長すぎて収まらないという理由があるのは
分かるけど、原作ファンとしては原作エピソードが見たかったので正直複雑でした。

特にこの作品の場合、間に挿入される電撃文庫のCMに、何故か原作の
エピソードの一部をアニメ化して放送するもんだから余計タチが悪い。
「こっちはそのアニメが見たいんだっつーの!」
と何度TVに向かって心の中でツッコミを入れたことか。

そんな昔話はともかく、今回は待ちに待った原作エピソードのアニメ化。
過度な期待は厳禁だと戒めておりますが、やはり楽しみです。


スガシカオの「夕立ち」は名曲、今週のジャンプ感想です。



続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

週刊少年ジャンプ14号感想 [WJ感想]



花粉ヤヴァイ@常磐です。


週末から目の周りがむずむずして辛い日々が続いております。
むちゃくちゃに掻きむしりたいけどそれをやったら腫れて
目が開けられなくなることが分かっているからじっと我慢・・・。

その代わりというわけではないですが、鼻の方は意外と症状が軽くて
概ね普通に過ごせております。まあさすがにマスクなしじゃ死ぬけど。

やっぱりこれは昨年6月に点鼻薬をやめたことが理由ですかね。
薬の常用をやめたことで鼻の粘膜の腫れが改善されたおかげで
花粉による影響が以前より少なくなった・・・ということでいいのかな。

当時はろくに息できないわ夜眠れないわで本当に辛かったけど
今はやめてよかったと心から思っております。


依存症って怖いね!今週のジャンプ感想です。



続きを読む


nice!(0)  コメント(2) 

週刊少年ジャンプ13号感想 [WJ感想]


人生ほど素敵なショーはない@常盤です


『THE GREATEST SHOWMAN』見てきました。
ミュージカル映画の通り、最初から最後まで歌とダンス(それも相当ハイレベルな)
の詰まった非常に見ごたえのある作品でした。もちろん映像もすばらしい。

実は個人的にはミュージカルってどうしても歌に入るところで違和感を持ってしまい
イマイチ作品に集中できなかったりするんですが、今回はまさに「歌と踊りのショー」
がだったからか、純粋に物語の一部としての歌とダンスを楽しめた気がします。
実際そのあと借りて見てみた「ララランド」ではストーリーが頭に入ってこなかった
からなあ…いや歌とダンスはやっぱり凄かったんだけどそれ以上の感想は…。

ちなみに歌では「GREATEST SHOW」と「This is me」、ダンスは名前は分からないけど
酒場で相棒(予定)を勧誘していたヤツが好きです。あれ見るためだけに行きたい。


春に訪れるは出会いか別れか、今週のジャンプ感想です。



続きを読む


nice!(0)  コメント(4) 

週刊少年ジャンプ12号感想 [WJ感想]


全てはゼロになる@常盤です


『劇場版コードギアス-叛道-』見ました。
内容的には1期後半の学園祭から2期後半の土の味までと非常に濃い内容でしたが
1~2期間のオリジナルエピソードも交えつつ新規カットも多めの完全な別物に再編成
されていたので逆に新鮮でした。TV版の内容を割と忘れていたというところもあるけど。

しかし前作『興道』でも思ったのですが、物語中で見せ場となる戦闘や謀略シーン
ばかりがクローズアップされて、失敗や挫折部分がばっさりカットされたせいか、
それとも対立軸となるスザクをメインにブリタニア視点で再構成されたせいか、
ルルーシュが愛される小悪党からただのド外道のクズにしか見えないのが
ちょっと気になりました。本当に大丈夫なのかなこれ。

いや大筋は殆ど変わってないのだからどっちにしろ外道であった事は確かなのですが
そこに至るまでの過程や理由や苦悩や挫折があったからこその愛されキャラなのに。
このままじゃ「復活しないほうが良くね?」って流れになりそうで不安です

ただまあこういう構成にした時点でファンにそう思われるのは予想してたはずなので
ラストの「皇道」で何とか盛り返して欲しいなあ、ぶっちゃけルルーシュのキャラだけで
持ってるといってもいい作品ですし。彼が嫌われるのはいろいろキツいから。


アキトはあんまり好みじゃなかった、今週のジャンプ感想です。



続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -