So-net無料ブログ作成
検索選択

週刊少年ジャンプ18号感想 [WJ感想]


けものはいても のけものはいない ただしつけもの てめーはだめだ@常盤です。


幼女戦記12話まで完走しました。

序盤はデグさんの顔芸にニヤニヤ、中盤はデグさん無双にキャッキャしつつも
終盤の憂鬱な展開とその結果の重さ、2期確定のオチにリタイヤしかけたものの、
ラストのデグさんの演説に一気に盛り返したいい1期最終回でした。
第一話から内面は全く変わってないと思われたデグさんも
最終話では自分の過去の過ちを認めるまでに成長したのだから感慨深い。

しかし改めて思うのは、物事は始めることより終わらせることの方が難しいって
ことですかね。それが自分一人らともかく関わっている対象が大きくなればなるほど
難しい。ましてや国同士なんて…なるほどこれが現代の戦争モノってわけか。
(「片隅」もそうだけど下手に戦争反対と叫ぶよりもよっぽど心に来るなコレ)

実際人類最古の法律であるハムラビ法典も、秩序の維持や殺人の抑止というよりも
不毛な復讐の連鎖を止めさせるため「目には目を、歯には歯を」で終わらせようと
したのが目的だったと聞きますし。実際に止まったかどうかは知りませんけど。

いやでも毎週ワクワクさせてくれたいい作品でしたよ。
これだけ楽しめたのはギアス1期以来かも。ラストのオチも含めて。

あ、けものフレンズは普通にいい最終回でした。
見るとIQが下がるという噂とは裏腹に結構アカデミックだったのは意外でしたが。


今期は特に見たいのねえなあ・・・今週のジャンプ感想です。




■■■週刊少年ジャンプ18号感想■■■


【巻頭カラー】『ゆらぎ荘の幽奈さん』

■一周年記念巻頭カラー

なんだかんだでもう一周年、しかも巻頭カラーって何気に凄いですね。
やはり変に気取らず地道にぽろりをし続けたのが支持につながったのでしょうか。
せっかくの見開きカラーでも読者サービスであることを隠しもしない潔さだし。

コミックスでは桜の花びらが取れるが、
代わりにモノクロになってしまうというジレンマを
プレゼントというかたちで補おうという姿勢は評価したい。いらないけど。




『約束のネバーランド』

レイ生きてたーよかったー。

他の作品なら「なんだかんだ言って生きてるんだろ」という
いい意味でも悪い意味でもジャンプらしい安心感があるものですが、
この作品に関しては死ぬときは本当に死ぬから心臓に悪い。

・・・というよりも、そういう雰囲気を作るためにわざわざノーマンを殺したのかもなー。
(今週のエマの口ぶりからするとノーマンもまだ死んでない可能性もありそうだけど)
少なくとも先週のラストで「レイも死んだ」と思わせた時点で作者の勝ち。
いやあすっかり騙されてしまいましたよ、まいったね。

そしてこの作品始まって以来の「ママ」の本性が発現。
普段あれだけ用意周到な彼女が騙されるなんて、という思いもありますが、
「数年ぶりの満期出荷」という絶対に失敗のできないタイミングと
レイの性格ならやりかねない焼身自殺という報復手段のダブルパンチで
思わず冷静さを失ったというのはあるかもしれない、人間ですし。

さて今度こそ脱出・・・ってことはないだろうな、この作品のことだし。
ママだってここまでコケにされて全く何もなしなんてありえないし。




『鬼滅の刃』

■精神の核

鬼の仕事を手伝っているのがただの人間で、その手伝っている理由が
「幸せな夢を見せてもらうんだ」というのが何とも無常で哀しいですね。
核をやられて廃人になると全身から黒い血を流して死ぬのだろうか。

一方夢の中で「これは夢だ」と気づいたものの目覚められない炭次郎。
兄の必死の訴えに応えて何とか起こしてあげようと、こちらも必死でいろいろ試みる
禰豆子がかわいい。こんなに可愛かったっけこの子。




『ロボレーザービーム』

鷹山クンがトモヤを間違いで連れていくまでは予想通りでしたが、
彼のゴルフに対する真摯な姿勢とか(いやよく知らないけど)、
せっかく見つけた相手がただの勘違いだと知り思わず涙ぐむところとか、
見た目とのギャップが凄すぎてびっくりしました。

対するロボも途中まではしらばっくれるつもりだったのかもしれませんが
相手の熱意に押されて逆に勝負を申し込むという展開に。何故。

何はともかくやっと次回からゲームスタートかね。
スローペースかと思ってましたが、先週の時点では会ってライバル宣言して
終わるくらいじゃないかと予想していたので、さっそくコースで勝負なら
結構早い方じゃないでしょうか。黒子だと黄瀬登場あたりだったっけ。




『Dr.STONE』

■善良なる殺人鬼

最初に人力でよみがえらせた人間が早くもラスボス化とはスゲーなオイ。
いくら石化しているとはいえ生きているとわかっている石像を
何のためらいもなく破壊できる彼はもう「ヒト」ではないのかもしれない。

人類の生き残りが自分たちしかいないかもしれないという状況で
いきなりコロシアイにも等しい仲間割れを始める展開は
ドラゴンヘッドのノブオを思い出させましたが、あっちは単に臆病で
怯えてただけなのに対しこちらは(正しい意味での)確信犯。

勝っても負けても後味の悪い終わりにしかならなさそうなので
ここは何とか説得方面で抑えることはできないだろうか・・・無理かなあ。




『青春兵器ナンバーワン』

■君の名は

性格も顔も悪くない女子高生に告白される(誤解だったけど)という
状況に迷いもせず「好きな人がいるから」と断る選択肢を出せる零一は
素直に男前だと思いました。勘違いしてるだけかもしれないけど。

そしてもう世界の滅亡とか関係なく零一のために何かしてやろうとする
エージェントの思わぬ成長に感動しました。




『左門くんはサモナー』

何か普通にバトルして普通にシリアスで普通にいい話で困った。
天使ヶ原さんの鋭いツッコミカムバック!




『U19』

先週に引き続き今週も突っ込みどころ満載の内容なのですが
日本統制だとか第二次大戦の復讐だとか違う意味で突っ込みにくい展開に。

とりあえずヒロインの「運命の相手」が普通にイケメンで性格も良さそうで
ますますこの作品が目指しているものがよくわからなくなりました。

まあ主人公が単身本拠地に乗り込んできたってことはそろそろクライマックス
なんだろうし、これだけあっちこっちに迷走しているこの漫画が一体どういう
着地をするのかは興味があるので一応最後までは読むつもり。

そんな遠い未来の話でもないだろう。





- - - - - - - - - -


今週は以上


P5もダンロンV3も終わってしまって少々ゲームレス気味。
そういえばFF15まだやってなかったな、今なら多少安く買えるかしら。


それでは。




nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 2

真馬流

幼女戦記が終わって?しまいましたね、ジャンプ感想は後日改めて書かせていただくとして、ちょっとした感想を↓

表現としては適切ではないかもしれませんが、戦争は『制御がきかない祭り』のようなものなんだなぁと。

抵抗し続けた者は誰も彼もが疲れ果ててしまい、頭の切れる者達は途中から保身に走り結果、後片付けを誰もできなくなってしまう(責任を擦り付け合う余力すらない状態)その過程でどれ程の成果を得ようとも、消耗から始まり疲弊で終わる祭り。

・・・やはり『回避』こそが最善

by 真馬流 (2017-04-04 19:31) 

常磐

祭りというのはいい得て妙ですね。
そして現代では制御の利かない花火まで作ってしまったわけで。
デグさんの世界ではまだ開発されてないようですが
2期(というか原作)ではもう作られているのでしょうか。

28日の映画館での一挙放送見てきまーす。

コメントありがとうございました。
by 常磐 (2017-04-14 19:52) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0