So-net無料ブログ作成
検索選択

週刊少年ジャンプ23号感想 [WJ感想]


諸君、仕事の時間だ@常盤です。


楽しい楽しい連休が終わって今日から楽しい楽しい仕事の時間ですよと。
まあ実際10日間大した予定もなくグダグダしているといっそ仕事が恋しくなるのも事実。
やっぱりメリハリって大事だよね、そしてもちろん金も手に入る。実に素晴らしい。

話は変わりますが連休初日の28日夜、幕張にて幼女戦記オールナイト上映見てきました。
1時間のスタッフトーク(監督とか構成とか)のあとTVシリーズ(総集編は除く)を
一挙上映するだけですが、音響など映画館用に調整したそうで非常に迫力ありました。
流石に終わったころにはフラフラになってたけどな!徹夜とか体力的にキツいわ・・・。

まとめて見たことで、当時断片的にしか分かってなかった帝国の戦争の流れが
何となく理解できたのも収穫でした。なんで北やら南やらあっちこっち行かされて
いるのか、何をどうすれば「終わり」なのか全く分かってなかったので、あはは。

ついでに原作小説も2巻まで読了。ところどころむつかしい所もあったけどアニメの
助けもあって何とか理解できたかな。曰く、95式はイメージ以上にオーパーツ。
存在X思ってたより俗っぽい。転生前のデグさんそこまで冷血非道じゃなかった。
あとキャラデザは個人的にはアニメ版が好きかな。ヴィーシャも含めて。




2期に期待してBD買います(買いました)、今週のジャンプ感想です。




■■■週刊少年ジャンプ23号感想■■■


【巻頭カラー】『約束のネバーランド』

■ママの子守歌

レイがママの実の子供だったのか・・・言われてみればよく似てたな、納得。
てか自分が産んだ子供が自分しか知らないはずの子守唄を歌ってて
暗い目で「どうして僕を生んだの?」とかちょっとしたホラーですね。

地位も成果も何もかも失ったママがあのまま崖から飛び降りるのかと
一瞬不安になりましたが、ちゃんとフィルたちの所に戻ってきてくれてホッとしました。
まあシスターの例から考えてそう遠くないうちに殺される可能性は高いと思われますが、
少なくともこれにより彼女の職務に対する責任感と覚悟を感じられましたし。

多分彼女が子供たちを愛していたこと自体は確かだと思うんですよね。
それが「出荷を目的とした家畜」に対するそれだったとしても。
(レイの満期出荷を喜ぶ彼女はまさしくA5ランク畜産農家だった)

だからこそ生きている間は何の不安もなく愛情いっぱいに育ててあげて
最期まで何も知ることなく幸せなまま殺してあげなくちゃ、
というのが彼女の愛だったのかなあと。

それが自分の子供であるレイの存在により破綻、ハウスの半数以上が
「真実」を知ってしまった時点で彼女はすでに負けていたのかもしれない。



■これからのこと

さて中盤多少の中だるみはあったものの、主軸がはっきりしていたことも
ありほどほどの緊張感は保ったままに終了したこのシリーズでしたが、
次からは一体何を主軸に展開していくんですかね。

期待と不安はありますが、とりあえず脱獄編終了、お疲れ様でした。



『ONE PIECE』

あーあ、こっちはパパが泣いちゃった。

お伽噺にも語られた悪の組織のトップだというくらいだから
当然裏切られることも覚悟しての同盟関係かと思ってたらこれかよw
むしろ「情を持たない」息子たちの方が普通のリアクションに見える不思議。

この分だと脱出をちらつかせるだけであっさり落ちそうだなお父様。
ヴィンスモーク家が没落?した理由がわかった気がします。




『ロボレーザービーム』

部活のシーンになってなんか急に黒バスっぽくなりましたね。
もしかしたらこの中にキセ・・・注目の世代とかいるんでしょうか。




『鬼滅の刃』

必死に乗客を守ろうと戦う禰豆子がかわいいし、
それを守って戦う善逸(睡眠中)も素直にカッコいい。
最近この作品すごく絵で魅せるシーンが増えたなあと思います。
(方向性は違うけど久保先生を思い出しました)

そのあふれ出る画力で先頭車両の鬼がどう描かれるのか、
久しぶりに吾峠先生の本気が見られるのではないかと期待しています




『斉木楠雄のΨ難』

あの斉木が・・・デレた・・・!


照橋さんがただ美人なだけでなく万人に好かれるための労力を厭わない努力家で
かつそれを表に出すことを嫌う「完璧な美少女」なのは今更説明するまでもない
事実ではありますが、改めて描写されると本当に大変だよなあ・・・。

この努力を見て見ぬふりをしつつ、しかし彼女の内心の疲労には気を配り
かといって必要以上にデレることなく適度な距離感を保てる相手なんて

斉木しかいねーじゃねーか。





- - - - - - - - - -


今週は以上


昨日は何か体調悪くてさっさと寝てしまったので遅れてすみません。


それでは。




nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

真馬流

>幼女戦記
特典の漫画でムーミンが程よく美化されていると噂の(ry

>約束のネバーランド
『本番』前の探り合いを若干くどいくらい念入りにやる反面、本番自体は常に一方的なんですよね・・・個人的には逆の方が好みなんですが。

>ONE PIECE
「その状況を把握しているのは自分だけ」というのが予知の厄介な所ですよね。

第三者からは共感を得られるハズも無く、それどころか内容次第では猛反発される可能性大なわけで(汗 カタクリさんがどれだけ孤軍奮闘したところで『結婚式』という最悪の状況は覆らない、と。

>僕のヒーローアカデミア
銀さん「失恋したばっかの女子高生かテメーは!!(怒」

>鬼滅の刃
前輪が急所だった場合はわざと脱線→急所を逃がす、とかもアリなんでしょうか?

by 真馬流 (2017-05-11 19:49) 

常磐

>幼女
実は買ってからまだ封切ってなかったりw
美化されたムーミン見たい。来週実家で確認せねば。

>ネバラン
確かに腹の探り合いはもういいよって程しつこかったのに
いざ脱出するとなると一瞬でしたね・・・まあ時間かけたらかけたで
リアリティがなくなるからぎりぎり許容範囲でしたが

>ワンピ
あと「予知を人に話すことでその内容が変わってしまう」と
いうのも予知を描く際に難しくなる要因ですね。
そもそも見聞色からどうやって予知が生まれるのやら。

>鬼滅
さすがに急所と本体は分離できない(距離を離せない)
原則は守って欲しいところですね。

コメントありがとうございました。
by 常磐 (2017-05-14 22:42) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0