So-net無料ブログ作成

週刊少年ジャンプ27号感想 [WJ感想]


今日は寒い@常盤です。


先週、幼女戦記(アニメ)1巻をようやく開封することができました。
特典のオマケ漫画と書き下ろし小説のために買ったといっても過言ではなかったのですが
実際に見てみるとブックレットの解説の方が遥かにテキスト量が多くて笑ったw

アニメ公式ツイッターの「カルロ先生にしゃべらせたら10時間じゃ終わらない」という
発言は嘘じゃなかったとよくわかる内容の濃さでした。


今日は目が痛いので軽めに、今週のジャンプ感想です。




■■■週刊少年ジャンプ27号感想■■■


【巻頭カラー】『ブラッククローバー』

■表紙

黒い大剣に騎士の甲冑、まるで中世ファンタジーみたい…と思いましたが
そういえばよく考えなくてもこの作品が中世ファンタジーものだったと気づく。

ジャンプでその舞台設定は鬼門だとか、剣と魔法なんて今更流行らないとか
当時はいろいろ言われてたし私もそう思ってましたが、何とかなるもんですね。



■天下一魔導大会

そしてアニメの情報も出そろったところで始まったのがまさかの天下一武道会w
まあ確かにアニメからの参入組やアニメ化が決まったことで戻ってきた復帰組に
対するキャラ紹介としては非常に便利なやり方ではありますが。

かくいう私も最近まともに読んでおらず、主人公コンビと魔法帝くらいしか
顔と名前がわかってないので、これを機会にちょっと学習しなおそうかなと。

それはそうとラストの煽り、人を見かけで判断してはいけませんよ。




『ONE PIECE』

■短期集中表紙連載:キャンベンディッシュ

あれ、キャベツさんって本格的にルフィ勢力に参入したんだっけ?
周囲が勝手に動いてたけど、本人はあまり乗り気じゃなかったような。

キャベツさんは尾田先生が珍しく本気で描いたイケメンで
生まれも性格設定(二重人格で超強い)もひねくれ者の尾田先生にしては
珍しくどストレートに中二病設定をもつ非常に恵まれたキャラでしたが


「人気ありすぎの罪でわずか74人の部下と
 わずか5億ベリーを渡され国外追放」


海賊になるきっかけまで恵まれていたことが判明。
何なんだこの男は。



■シスター・カルメルの真実

シスターの本業が慈善事業ではなく人身売買だったのは少々驚きましたが
そう考えると先週「なぜ彼女はリンリンに暴力は駄目だと諭さなかったのか」
の疑問にも答えが出ましたね。彼女は読者の予想以上に腹黒だったか。

四皇と呼ばれる現在になっても彼女はシスターの帰りを待っているだけの
ただのリンリンに過ぎないのだと思うとなんだか哀れだなあ。


てかシスターカルメルってまだ生きてるんですかね。
マムの回想の時点ですでにかなりのおばあちゃんだったから
普通に考えればもう死んでるはずですが、ワンピって普通の人間が
平気で120歳とか200年とか元気に生きてるからなあ・・・。




『約束のネバーランド』

シスターの残した謎のペンがまさかのハイテクグッズだったとはw
しかも見る限り脱出に必要というよりは、脱出したあと生き延びるために
必要な情報が入っていたというのは少々意外でした。

そしてガイドブック自体も絵本という形に偽装されていながらも
ホームの子供たちが普通に手にとれるところにおいてあったわけで・・・
うーん、若干出来すぎなような気もしますがまあいいか。

ラストに登場した巨大モンスターとか、いよいよ獣王星並みのサバイバル感が
出てきてスゲー楽しいです。果たして安全圏にたどり着く前にどれだけの子供が
犠牲になるのか、個人的にはそれくらい厳しい展開を期待したい。




『Dr.STONE』

■せんくうは かがくを つかった!

大樹が目覚めるまでの半年間のサバイバル生活。
身を護る服も武器もない、文字通り裸一貫で放り出された、一個の生命体と
しては非常に弱い生き物が知恵だけを武器に生き延びるという展開は
素直にワクワクしますね。こういうの大好き。

しかし千空は人並み外れた胆力と科学的知識を除くと、本当に普通の人間
なんですね。科学という武器を失えば下手すりゃ杠より弱い存在の予感。
実際火を起こすシーンで手先が器用な杠であれば出来ただろうと考えて
いるあたり、意外な力関係が見えてきて面白い。

ところでここまでやるんだから千空は生きてたってことでいいよね?ね?




『鬼滅の刃』

先週に引き続き煉獄さんがカッコいいを超えてもうシビれるんですが。
彼の強さの原点となった母親の言葉もシンプルでわかりやすい。

そして相手の鬼もなんとなく憎めないから困る。きっと彼にとって鬼とは
永遠に強さを保ち続け、戦い続けることのできる素晴らしい体を手に入れた認識
であり、煉獄さんにもその素晴らしさを味わってもらいたいというだけだし。

でもこのヒキ・・・さすがに煉獄さんがこの先生きのこるのは厳しそうだなあ・・・
いやでもしのぶさんとか回復系の柱の人が応援に来てくれたらワンチャン・・・
でもこのまま散るのが一番カッコいい退場の仕方だとも思うし・・・複雑です。




『斉木楠雄のΨ難』

いつも通りの明智返り討ちオチかと思いきやいきなりシリアス展開ktkr。

てか斉木クンが本気でやろうと思えば明智の記憶をその部分だけ消し去ること
だって可能のような気がしますが、それをしないのか作劇上の都合・・・じゃない
斉木クン自身に何らかの罪の意識があるということなのかね。

ところで名探偵明智というと最近ではこちらしか浮かんでこないから困る。


b9dd6689.jpg


守りたい、この笑顔




『ロボレーザービーム』

一瞬先週読みとばしたのかと思ったw
そういえば黒子の時から端折るときは容赦なく端折る作風だったっけ。

ゴルフ部においてリオン先輩が一応ロボの味方になってくれたのは想定内。
ビジネスゾーンの何がすごいのかとかゴルフやらない自分には全く分かりませんが、
作中ですごいということが分かればいいのかなと。

それはそうと将来のライバル候補の名前が「朱雀」って・・・嫌な予感ががが。
まあロボが「鳩」、鷹山が「鷹」、エースの先輩が「烏」と鳥繋がりで
きてるから、今回の帝王も「雀」なだけなんだろうけど。

これで打ち切りになったらまた「四神の呪い」とか言われそうですね。





『青春兵器ナンバーワン』

ファミレスの回ではパンケーキすらろくに作れず、
エージに「もう二度と人の役に立とうなんて思うんじゃねえ!」とまで
言われた零一が(ハチとエージの力を借りたとはいえ)なんだかんだで
助っ人作戦を成功させ、きちんと報われるなんて・・・

他にも委員長の度を越えたゴロー愛とそれに命を懸けて応えるゴローや
優秀すぎるホストの東くんに、人工知能を使いすぎて倒れるハチ、
そして最後はいい意味でいいとこ見せたエージなど見所盛りだくさんの良回でした。

今週はアンケ出そうかな・・・でも今51円切手しかないんですけど・・・




『左門くんはサモナー』

■あれから数年後

  • 喜村さん・・・五輪代表選手
  • 九頭龍・・・管理栄養士としてまさかの喜村のパートナー
  • ヤーさん・・・自分探し最終章
  • 輪ちゃん・・・正しいバットの使い方を覚えた
  • 加護ちゃん・・・映画主演女優
  • 塩・・・塩販売の営業マン
  • ネビロス・・・カフェ経営
  • アンリ・・・がんばってる

と皆自分の個性を生かしつつ成功への道を進んでいる・・・という
あまりにお約束すぎる展開に、最後の最後まで「~という夢だったのさ」
という落ちを期待してしまったのは自分だけではないと思いたい。

個人的には一話当初から期待していた「地獄に落ちるまでの物語」が
こういう形で決着というのはちょっと残念。じゃあどういうのを期待してたかと
聞かれると困るんですけど。

いや別にいいんだけどさ、最後なんだし綺麗に終わるのは美しいことです。
なんだかんだでいちゃついてんじゃねーかってのは望むところでしたし。
終わり良ければ総て良しとも言いますしね。お疲れ様でした。



■総評

始まった当初こそ左門くんのあまりのクズぶりと
それに対する因果応報がなかったためか、あっという間に掲載順が落ちて
まさかの10週打ち切りか、と思われたころもありましたが。

さらにクズな九頭龍くんが登場してクズがクズとして扱われたあたりから
話の広がりも見せ始め、掲載順も安定してきた・・・と記憶しています。

まだまだ悪魔なんていくらでも出せるんだし、最近出番のなかった
加護ちゃん回とか期待してたのになあ・・・言っても仕方ないけど。

次回作期待しています。





- - - - - - - - - -


今週は以上


左門終わっちゃった・・・もう一週くらいあるかと思ったのに残念。
まあでも最終話見る限りやることやりつくしたって感じでもあったしね、
次回作もそう遠くないと勝手に信じているので、待っています。

そして次週はまさかの横田先生復活。早い!
しかし題材はサッカー、厄い!
さらに来々週からはハンタ再開!やっとかよ!


それでは。




nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

真馬流

>ONE PIECE
海王類をものともしない巨人族と交易を行える(しかも相手の方から友好的に)というのは世界政府にとって願ってもない話。

しかしカルメルはその立場上、その見返りを直接受け取るわけにはいかない・・・聖母を演じる以前から人身売買を行っていたことから考えると、おそらく彼女自身「このままではいうほどの利益は得られない、どうにかして強大な後ろ盾が欲しい」と、試行錯誤した結果がこの『聖母』という役だったんでしょうね。

>僕のヒーローアカデミア
未だにイレイザーヘッドの個性の詳細がよく解らないんですよねぇ、おそらく作者も意図的に濁してるんでしょうけど。

>左門くんはサモナー
ヒロインが地獄に堕ちるまでの物語という不穏な結末を匂わせておいて、実際はその地獄の上層部がヒロインを崇めているという現状→読者「じゃあ、これから具体的に何やんの?」という読者の疑問に対するアンサーが『学校行事をこなしつつ、本筋とは特に関係がないシリアス展開で話数を稼ぐ』だった時点で遅かれ早かれこうなっていたんでしょうね。

とはいえ、明らかにその場しのぎと思われるような展開を延々と続けられるよりかは(作者にとっても)大分マシなのでここは素直に次回作に期待しています!が正解でしょう、沼駿先生お疲れ様でした。

>青春兵器ナンバーワン
読者はちゃんと元のゴローの方が魅力的だと思ってるから委員長は正気。

by 真馬流 (2017-06-08 19:53) 

常磐

>ワンピ
あんなうら若き美女シスターだったころから世界の海を渡り歩く
人買いだったとかそそるものがありますよね!

>ヒロアカ
能力を消す(封じ込める?)能力って下手すりゃ主人公級の
チート能力ですからねえ、下手に能力の幅を決めてしまうと
使いどころが限られてしまうし、かといって何でもありに
してしまうと際限ないし、扱いが難しそうです。

>サモナー
後半ちょっと駆け足だったけどやりたいことはやったように
見えたので次回作に期待してます。

>青春
常識人枠が消えていく・・・(最初からなかったという話も)

コメントありがとうございました。
by 常磐 (2017-06-13 00:09) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0