So-net無料ブログ作成
検索選択
WJ感想2013 ブログトップ
前の10件 | -

週刊少年ジャンプ52号感想 [WJ感想2013]


ペルソナ5決定キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!!@常盤です。


・・・とそんな興奮冷めやらぬ新情報は別の機会に置いておきまして…
土曜日にP3映画見に行ってきました。


ちゃんと原作通りでした。


もちろん長いエピソードをそのままやるわけには行かないのである程度カットしたり
演出的にゲームではなかったことをやったりはしてますが、きちんと原作の雰囲気を
大事にしつつ、観客が退屈しないような作りを考えている感じで好感が持てました。

前にも書いたと思うけど「原作通り」ってすっごい難しいと思うんですよね。
ただ原作の内容をつらつらやってるだけじゃ面白くないというのは某農学アニメや
某学園アニメとかで嫌というほど感じましたし、かといって妙なオリジナリティを
入れてしまえば「原作通り」ではなくなってしまう…そのさじ加減は非常に厳しそう。


個人的に一番いいと思ったのはやっぱりバトルですね。P4と違いこちらは人間側も
武器を持って戦うため、アクションシーンが多くて非常に楽しい。ペルソナの戦い方も
殴る蹴る飛ぶ斬ると多彩で、そこは流石時間に余裕のある(?)劇場版ならではか。

あとキタ…いや理さんがこちらの予想以上にキタローさんだったのが
ある意味一番のサプライズ。いやそういう奴だとわかってたけど実際見ると怖いな!


0203_2.jpg
残念ながら劇場版では小剣オンリーでしたが


同じ「無口無個性」でも初期鳴上悠くんとは全くタイプの違う主人公として描かれて
いるところが、私が原作に抱くイメージそのものだったのでそれが一番良かったかな。
主人公の「成長」も鳴上番長とは全く違う意味になりそうな予感にwktkです。

まあラストはちょっとクサかったかも、今週のジャンプ感想です。



続きを読む


週刊少年ジャンプ51号感想 [WJ感想2013]


それでもやっぱり田中眼陀夢くんが好きです@常盤です。


スーパーダンガンロンパ2クリアしました。

やー、堪能しましたわ、疲れたけど…結局土日丸々使ったもんなあ。
1のときみたいに1章ごとに少しずつ進めていくつもりだったんですが、4章クリアした
あたりからもう止まらなくなって結局最後までやっちまったい(ぶっ通し8時間)。

感想とか書きたいけど何を書いてもほとんどネタバレになるから黙るしかないのが辛い。
とりあえず分かったことはこれをアニメ化するとしたら尺だけでなくいろいろと越えなければ
ならない問題がたくさんあるということですかね、主に版権的な意味で(ネズ○ーとか)。

しかしこのシリーズの根本的な疑問に対する「細けぇこたあいいんだよ!」っぷりは
相変わらずだな!まあ普通の作品ならその辺は語らずぼかしたり、神や悪魔や宇宙人や
未来人や古代人のせいに逃げるところを「そういう設定なの!」とメタくごり押しして
くるところは嫌いじゃないですが。

まあこれがプレイヤー参加のゲームだから許されるけどもしジャンプ作品だったら…
とここまで考えて、唐突にめだかボックスを思い出しました。思えば超高校級の○○
とか西尾先生が好んで使いそうなフレーズだし、2では球磨川っぽいキャラもいたしなあ。


0626.jpg


上のはアニメ1話の先行上映会を見た勢いで描いたネタでしたが、
今思うとあながち間違ってないのかもしれない、今週のジャンプ感想です。



続きを読む


週刊少年ジャンプ50号感想 [WJ感想2013]


田中眼陀夢くんが好きです@常盤です。


スーダン2は第3章の学級裁判直前まで終了。

1よりも推理の難易度もアクションの難易度もかなり上がっててかなり苦戦してます。
特にアクションの方は反論ショーダウンだのロジカルダイブだの…あ、また死んだ。

しかし今回は前作に比べて哀しいお話が多い気がしますね。いや前作が哀しくなかった
わけじゃないんですが、前作よりも登場キャラの好感度が高めなせいか、被害者は
もちろん、加害者も死なないでほしいなあって思うキャラが多くて辛い。
(いや前作のキャラが死んでもいいとかそういうわけじゃないですよ?)

前作が閉鎖空間でお互い疑心暗鬼の中、いつ誰が死んでもおかしくない状態だった
のと比べて、今回は開放的な南の島で、直前までみんなで楽しくパーティしたり花火
したりと、とてもコロシアイなんて起こりそうにない状況からの落差もその一因かも。

また今回はコミュ…希望の欠片集めが結構いい話が多いんですよね。
なので日常編の終了で死亡が決定したキャラはいったんその章の最初まで戻って
彼ら(彼女ら)との絆を目いっぱい深めてから学級裁判に挑んで絶望し、裁判後は
犯人との絆を深めてまた絶望し…なにこの絶望スパイラル超楽しい

ところで先週描こうと思ったけどやり損ねたネタ(でもまだ描きかけ)


1109.jpg


1のとき:あらなにこの人カッコいい
2のとき:あら…なにこの人…カッコいい…!


ちなみに鼻から上はほとんど変えてません、今週のジャンプ感想です。




続きを読む


週刊少年ジャンプ49号感想 [WJ感想2013]


歯科矯正始めました@常盤です。


この歳になってという感じですが、かといって放っておいて自然に直るものでもないし
ここ最近の仕事状況とか貯金とか諸々考えて、いつやるの、今でしょ!と(古い)。

とりあえず歯列を阻害している歯を3本抜いて隙間を作って、歯ぐきの奥に
インプラントのスクリューを刺して前から後ろにガッ!と引っ張るらしい。
すでに最初の抜歯の時点で心折れそうになっているのですが……が、頑張ります!


で、話は変わりますが、スーパーダンガンロンパ2始めました。
青い空、白い雲、眩しい太陽、可愛い(?)マスコットと個性的な仲間たち…ってあれ
何か見覚えのある人が見覚えのある名前で見てはいけない姿ににに。

てかこのゲームの制作者は人を驚かせることに本当に努力を惜しまないよなあ。
王道逆転お約束、メタネタ自虐にフェティシズムと全く節操がない(褒め言葉)。
だからきっとこの豚さんだってこちらの目を欺くための…


あれ?…この豚さん…結構恰好いい…? 今週のジャンプ感想です。




続きを読む


週刊少年ジャンプ48号感想 [WJ感想2013]


もう(ネタバレなんて)何も怖くない@常盤です。


まどか☆マギカ劇場版-叛逆の物語-見てきました。
いや~内容濃かったですね、2時間半の長丁場でしたが最後まで飽きることなく
見ることができました。ずっと軽い興奮状態だったのでひどく疲れましたがw

月並みな感想になりますが非常に面白かったです。
一見さんお断りの内容なので本編未見の人にはお勧めしませんが、テレビ版または
劇場版前後編を見てハマった人には間違いなく楽しめると思います。いやマジで。
(ネタバレは一切知らない方が楽めると思うのでこれ以上はノーコメで)

そしてダンロンリロードはようやく1の本編をクリアしてスクールモードへ…入ったは
いいんですが、え、何これ?50日の期限?モノクマ作れ?一体どういう流れなの?
ゲームのUIも高精彩のアニメから古き良きドット絵っぽくなってるし、ていうか
石膏像と彫刻刀でモノクマができるってどういう仕組みだよ、NASAどこ行った!

あと本編ではただのマスコットだったモノクマが普通の教師っぽくて笑ったwいや学園長だがw
「掃除も食糧調達も各自で」のセリフに、そういえば本編では黒幕が学園の掃除や
荷物の搬入もやってたんだと気づいて、なんだか黒幕がすっごい健気に思えてきました。


1030.jpg


思えばギアス以来、悪役って本当に大変なんだなあと思うことが多くなりまして。
だって計画立案から作戦指揮、資材調達に組織結成までほぼ一人で全部やらなきゃ
いけないんですよ?そりゃもう反則的な完璧超人レベルのハイスペックが要求されますわ。
そのくせ最後にはみんなに憎まれて死ななきゃいけないんだから、本当に大変だよなあ。


黒幕サイドのダンロン小説とかあったら読んでみたい、今週のジャンプ感想です。




続きを読む


週刊少年ジャンプ47号感想 [WJ感想2013]


まだ咳止まらない@常盤です


せっかくリロード買ったのに2をやらず1をやり直している毎日です。

いや当初の予定通りなんですが、予想以上に通信簿(P4のコミュみたいなもん)
埋めるのに手間がかかっておりまして…いややってる間は楽しいんですけど、
そこに行きつくまでに同じシーンを何度も繰り返さなきゃならないのが面倒で…。

とぼやいていたらスクールモードならもっと簡単にあげられると聞き(´・ω・‘)ショボーン
くそー、今までの時間を返せヽ(`Д´)ノウワァァァン!

…まあそれはともかく、通信簿埋めはスゲエ面白いです。どのキャラも最初の会話は
何だこいつってなくらいに嫌なやつなのに、話していくにつれてどんどんいいキャラになって
くるから不思議。第一印象が悪すぎて普通の会話でもいいヤツに見えるだけかもですが。

まだ何人か見れてないけどいい加減第2章繰り返すのも飽きたんでさっさとクリアして
スクールモードで一気に攻略したいと思います。


一体いつになったら2ができるのか…今週のジャンプ感想です。
※今週はちょっと連続飲み会などで時間がないので短めで、すみません。



続きを読む


週刊少年ジャンプ46号感想 [WJ感想2013]


風邪っぴき@常盤です


いやね…嫌な予感はしてたんですよ…家族旅行の直前になって両親が揃って風邪で
グロッキー状態になってて、こりゃ旅行は中止だなと喜…いや残念に思っていたところ
当日になって復活しやがり…無事回復したようで予定通り決行となったのですが、
案の定車の中で咳き込まれるわマスクはしないわで、翌日しっかり伝染されました。
(ちなみに伝染した2人はあっさり回復、私の分も食事と温泉満喫してた、ぐぬぬ)

おかげで飯うまくねーわ温泉あんまり入れねーわ、移動中の車はぐったりだわで
正直早く帰りたかったです…家でやりたいこともあったのに…艦これとか艦これとか。

せっかく持って行ったタブレットも初日の夜に起動したっきりだったしなあ。
ダンロンとか起動すらしなかったよ…フル充電で持ってったのに(´・ω・‘)ショボーン


大体治ったので明日仕事行きます、今週のジャンプ感想です。



続きを読む


週刊少年ジャンプ45号感想 [WJ感想2013]


10月10日はダンガンロンパ・リロード発売日@常盤です。


私事ですが、ついにタブレットを買ってしまいました。
当初の予定ではkindleあたりの最低限の事だけできるヤツを買おうと思ってたのに
気づいたらNEXUSの最新モデルを買ってしまっていた…ヨ○バシの販売員恐るべし。

とりあえずブラウザとかkindleとか2chブラウザとか必要最低限のアプリだけDLして
そしたらお試しで暗殺教室1巻が無料でDLできたのでそれを読んで一日終了。
予定ではどこでもメモが取れてベッドの中でWEB閲覧ができればいい程度にしか思って
なかったんですが、結構いろいろ遊べそうですね、7インチなら持ち運びにも便利だし。

そして先週描きかけで放置した十神クンが完成したのでせっかくだから。


1005.jpg


なお携帯はガラケー継続の模様、今週のジャンプ感想です。



続きを読む


週刊少年ジャンプ44号感想 [WJ感想2013]


艦これはじめました@常盤です。


やり方がよく分からないので作っては編成し出撃しては大破して…を繰り返してます。
同じ材料を使ってもできるまでの時間が違うのはなぜなんだろう。

ダンロンアニメ、終わりましたね…うん、まあ良かったんじゃないかな(遠い目)
全体的に駆け足どころかジェットコースター並のスピード展開だったけど、物語として最低限の
部分は外してないので、当初の予定通りアニメだけ見てたらそこそこ満足してたと思います。
(かといって先にアニメで結末を知っちゃうとゲームの面白味が激減してしまうから難しい)

ただやっぱり原作やっちゃうとなあ…あのシーンがアニメでどう動くのか見たかったという
「欲」が出ちゃうんですよね。で、残念ながらその点に関しては全くの期待外れだったと。
通信簿(P4におけるコミュみたいなもの)も捜査パートもばっさりカット。物語の確認に迫る
モノクマ劇場は最初の映像だけ。学級裁判はあまりにゲームそのまますぎてアニメとしては
ちょっとお寒い演出になってたし…まあいまさら贅沢言っても仕方ないか。

ちなみに最終回付近で頻出した「結局それどうやったの?」的な疑問については原作でも
殆ど説明されてませんのであしからず。この「説明できないものは説明しない」という
潔さには逆に感心したものですが、アニメでこれやったら顰蹙買うんじゃないかと思ってたら、
こちらは全体的に説明不足なせいでこの程度の疑問はどうでもよくなってた、ある意味スゲエ。

ラストのアレを見るに2もやる気満々みたいですが、もしやるなら今度こそ2クール確保した上で
ゲームの演出にこだわらずアニメならではの「原作通り」をやって欲しいものです(切実に)。

で、それとは関係ないけど前回ラフ描きだった十神クン途中経過
(本当は完成させる予定だったのですがこれ以上遅れるのもアレなのでいったんここで〆)


0926.jpg


ぶっちゃけ最大の疑問は、1がこれだけ綺麗に完結して設定も舞台も何もなくなったのに
一体どうやって続編をやることができるんだろうということですが。
それはリロード買って2をやればわかるんだろうし、あと10日のが・ま・ん。


あ、そんなこと言ってる間にまた大破…今週のジャンプ感想です。



続きを読む


週刊少年ジャンプ43号感想 [WJ感想2013]


笑顔の素敵な殺人鬼が好きです@常盤です


ダンガンロンパ12話、ようやく黒幕の正体が明らかになりましたね。

…うん、まあ実は知っちゃってたんですけどね、それもゲームクリア前に。まあいろいろと。
今回は捜査もしっかりやって、学級裁判での展開もそんなには悪くなかったと思うんですが
何というか…その…そこまでゲーム演出にこだわらなくてもいいんじゃないかな、と。

それにしてもここにきてジェノさんの存在が癒しになるとは思わなかったわw
極限状態に置かれても決してブレない人ってその善悪に関わらず魅力的だよね。


※ネタバレにつき隠しました。


しかしモノクマの口調やうぷぷ笑いを黒幕の顔と声でやられるとやたらとムカつくなー。
やっぱりあれはドラえ…大山のぶ代さんの声でやるからこそ許されるのだと思いました。


いよいよ次回は最終回か…今週のジャンプ感想です。



続きを読む


前の10件 | - WJ感想2013 ブログトップ